前の記事から読んでいただけると幸いです。

お披露目時のチームごとの曲披露とMCを終えまして、ユニットやソロのコーナーに突入。

5.ハート型ウィルス(AKB48 team Aカバー)
この日はいつもと違って、ちさと、おゆき、ぴょん、この3人での披露でした。ちさとのブログにあるように、ちさとが他の2人に振りを教えて臨んだとのこと。人に教えるのって自分でやるより数倍大変だと思いますが、2人ともちゃんと振りを覚えていたし、何より普通に楽しかったです♪

6.シンクロときめき(渡辺麻友 カバー)
おゆきがソロで披露していました。まゆゆとおゆきはキャラが相当違うと思うのですが、おゆきの雰囲気と違和感がなかったので、おゆきが曲を自分の色に染められていたということなのかなと思います。まゆゆが歌っているのは観たことがないので、はっきりとしたことは言えませんが。笑

7.向日葵(AKB48 ひまわり組 カバー)
いつもの4人(ちーねぇ、めぐちー、空ちゃん、あやかむ)で披露。もはや会議室では定番の曲になりつつありますね。毎回、みんなの進化が見られるのが楽しみなんですけど、この日は特にあやかむが印象に残りました。振りがまた上手くなっていたし、髪型とか雰囲気もどんどん曲と馴染んできてるように感じました。

8.Blue Rose(AKB48 team K カバー)
初披露です。向日葵から空ちゃんout、もえin。あやかむがパーカーを着ていたのはもえとのシンメトリーか!髪型も左右対称で同じ髪型。あやかむが結ったそうです。意外(?)と器用だなって思いましたw カッコいい系の曲なので振りとかも比較的難しいと思うのですが、初めての割にしっかりしていました!

9.天使のしっぽ(AKB48 team B カバー)
いつものゆいたん、かんにゃ、しおりんの3人で披露。3人とも可愛いわ。とにかく可愛い。そして特にゆいたん、最初と比べてかなりダンスうまくなってるし、視線の配り方も良くなってる。一番上手の最前に座っていたのですが、ゆいたんとは結構目が合いました。他の2人はわざと前だけ見る派なのかもしれないけれども。

10.ウィンブルドンへ連れて行って(SKE48 team S カバー)
ゆいたん、かんにゃ、しおりんの3人で披露。いつもはもかろん、ゆいたん、かんにゃなので、もかろんの代わりにしおりんが入った形です。しおりん全然レスくれない泣いた。笑 いや、ちらっとこっち見たけど、すぐ前に視線戻してたw まぁでも、もかろん以外の2人をいつもよりよく観られたし、しおりんも割とできてたし、良かったです。

11.てもでもの涙(AKB48 team B カバー)
いつものまいちとあずにゃんのペアで披露。なんか最初の頃と比べて表情が自然になってきました。特にあずにゃん。最初は不自然な無表情だったけど、今は自然な無表情というか、いや、もはや無表情じゃないな、哀愁の漂う表情ができてきている。微笑むにしても、ニヤニヤではなくなっている感じ。一方のまいちは特に歌が洗練されてきているように思いました。2人ともやり込んできた証拠かな♪

12.ライオン(マクロス FRONTIER 主題歌 カバー)
そのまま、まいちとあずにゃんで披露。まいちの声はかなりぴったりでした。楽しそうに歌うし。あずにゃんはあずにゃんで、あのふにゃんとした声で新しさや自分の色を出せていたのかな、なんて。

13.高嶺の林檎(NMB48 カバー)
初めてやったときと同じ、ゆかるん(はむちゃん)とぴょんちゃん(あわせて、はむぴょん)の2人で披露。4人でやったこともあったけれど、個人的には2人の方が好きかもしれないです。(あとから加わった2人をdisっているわけではありませんw)2人とも、毎回どんどん上手になっていて、特にぴょんちゃんのダンスのキレが半端なく向上しているように思います。声がね、もう少し出ればとは思うんだけれども。発声練習するしか!

14.そばかすのキス(AKB48 team B カバー)
以前はもかろん、ゆいたん、かんにゃ、しおりんの4人で披露していましたが、この日は初めてみんなで披露していました。みんなでやるバージョンも多幸感あふれて良かったです。いつも間奏の部分はもかろんが1人で踊っているのですが、今回はしおりんが担当していたと思います。(うろ覚え←)

15.Dreamin’ Girls(AKB48 ひまわり組 カバー)
そしてこの大人数の流れでのこの曲。いつもは頭でやっていたので、変則的なセトリにはなってましたね。ももクロでいえば、セトリ中盤でoverture流れるみたいな。いつものきたああああ!みたいな昂まり。

16.RUN RUN RUN(AKB48 ひまわり組 カバー)
前の曲とこの曲はもはやセットか。いつも通り全力でフリコピして、みんなからレスもらって、超楽しいとしか言いようがない。

17.君の名は希望(乃木坂46 カバー)
のんたんとまいちで披露。のんたんの下の名前が、希望と書いてのぞみなのでぴったり。曲調も。ただ、まいちの方が声は出てたかもしれない。2人の歌唱面での伸び代を感じつつも、歌詞に感情移入もできました。

18.ハローアゲイン(マイリトルラバー カバー)
ゆいたんがソロで披露。懸命に練習した痕跡が随所で見られました。今回のパフォーマンスも良かったけど、さらに良くなると感じさせられました。
曲の最後でみんながゆいたんとハイタッチしながら入ってきて、ゆいたんを取り囲んで今日の本編はおしまい。最後にあずまいがさりげなくキツネサインしてたのが昂まったw

Enc.初恋サイダー(Buono! カバー)
まいち、あずにゃん、のんたんで披露。良いですね。のんたんも良い動きしてました。のんたんは最近、以前にも増してパフォーマンス中の表情が豊かになってると思います。慣れてきて余裕が出てきたのかもしれません。

ライブが終わりまして物販ですが、この日はついにPIPのポロシャツを販売!

ポロシャツにはサインを入れることができます。

そして、ポロシャツサインが終わったメンバーからいつものチェキ会。

さらに無料チェキ争奪!じゃんけん大会!

最後に、レポを長々と書いてきたわけですが、書きながら思ったことを。

こうやって振り返ってみると、AKB系のカバーが多すぎますね。正直、メンバーに思い入れもない、新規のお客さんに興味を持ってもらうにはセトリが弱すぎると思います。

私をPIPのお披露目に誘った友達は、当日は二日酔いで来なかったのですが、私がPIPにハマってその話をしていても、一度も来てくれません。むしろ、あヴぁんだんどの方が行ってみたいと。

あヴぁんだんどはオリジナル曲がありますが、まだ1曲だけですし、カバーを含めてもバリエーションは少ない。ライブしてる時間も短い。観るにはチケ代が必要でコストは高い。レッスンだって公園でやってる状態で、PIPより遥かに恵まれてない環境にいる。それでもあヴぁんだんどの方が観たいと思われている。
(こんなにも長々とレポを書いているというのに!笑)

なにが言いたいかというと、カバーするにしても、もう少し対外的にもエッジの効いたカバーをしてもらいたいという、個人的な想いがあるということです。

例えば、あヴぁんだんどがBiSの”nerve”やるなら、PIPはBiSの”primal.”をやるとか。この二つの曲はどちらもBiSの代名詞的な曲ですが、湧く方向性が全く違うんですよね。”nerve”はひたすら前に湧く。”primal.”は秩序立ってみんなで湧く。歌詞もすごく良いこと歌ってますし。

あるいは、もはやdisられるぐらいでも良いと思うんですよ。例えば、ある程度は観せられるものになることは前提条件ですけど「その歳でベビメタかよ」とかね。

ヘドバンギャーとかやられたら私は確実にクッソ湧きます。多くのお客さんにドン引きされるほどに。いや、もはや発狂。「もあああああ!!!!」って叫んでたらすまん。笑

えーと、こんな感じで終わってしまいましたが…

現場はむちゃくちゃ楽しいですからね!
私自身、もともとAKB系の運営アンチですが、AKB系の曲も普通に楽しんでます。

ぜひ一度、会議室が使えなくなる10月末までに、会議室におこしください!
————————————————————
【PIP】第7回定期公演
開催日時:2014年8月17日(日)15:30〜20:00
会場:東急銀座二丁目ビル2F
最寄り駅:有楽町線・新富町駅
価格:0円(チェキ1,000円/90秒)
公式HP:
Platonics Idol Platform
http://platonics.jp/
PIPオフィシャルブログ
http://ameblo.jp/pip-official/
twitter 濱野 智史 @hamano_satoshi
https://twitter.com/hamano_satoshi
————————————————————

The following two tabs change content below.
竹内 たかりん

竹内 たかりん

もかろん∞柚木萌花/PIP/RYUKYU IDOL/のあ/まいちゆう/れいら/私立恵比寿中学/あヴぁんだんど/あんず/うさべに/あーりん☆佐々木彩夏/工藤利彩/菊地最愛/lyrical school/BiS/Negicco/Perfume/中田ヤスタカ/相対性理論/椎名林檎