愛乙女★DOLL 6thワンマンライブ in 渋谷公会堂
〜君と見る七色の流れ星☆願いを込めて歌う歌!聴かなきゃ”こうかい”しちゃうぞ!

6thワンマン行ってきました!
渋谷公会堂が来月に取り壊されることが決まっているなか、最後のアイドルライブがらぶどるちゃんだそうです。らぶどるもそんな記念すべきグループになったのかと、成長の早さを実感します。


前日のゆきりんのツイートや、メンバーの意気込みツイートを見ていたこともあり、既に感無量です。

16:00開場17:00開演のところ、16:15ごろ会場入りしました。
20150913-163845.jpg
入口の様子。
20150913-163854.jpg
7人用のおニューのサイリウムが売られていました。後日サイン券付き。ワンマンTは限定とのことでした。


入口のお花はこのように飾られていました。

会場入口横にはメンバーのA4サイズのポスターが貼られていました。
20150913-163951.jpg20150913-163945.jpg20150913-163938.jpg20150913-163931.jpg20150913-163921.jpg20150913-163915.jpg20150913-163908.jpg

物販を横目に会場へ。
席についていると、16:30からオープニングアクトが始まりました。思ったより早くて、まだ席は空席がちらほら。
●Stella☆Beats
M01:初恋Mayfly
M02:Trick or Treat
●Ange☆Reve
M01:Maybe baby
M02:ココからイマジネーション
●Luce Twinkle Wink☆
M01:刹那ハレーション
M02:恋色♡思考回路
どのグループも先輩の晴れ舞台を盛り上げようと全力で盛り上げていました。メジャーが決まっているルーチェがやっぱり一番見応えがありました。

オープニングアクトが終わって既に17:00ごろ。すぐに本編のらぶどるちゃんが登場しました。
舞台は左右に階段を設置し、二階建て構造。二階部分から登場し、メンバー一人ずつ名前のコールとともに振りむいていきました。キラキラ七色に光る照明に照らされて、ついにここまできた、とメンバーたちの表情には感動と緊張が入り混じっていました。
一曲目はカレンダーガール。登場シーンのメンバーの緊張感に当てられてこちらもドキドキしていましたが、イントロが始まると、「あ、いつものらぶどるちゃんだ」と、なんとなく安心して見ることができました。安心すると同時に、よく頑張ってここまできたね、よかったね、と言う気持ちが溢れてきて、ウルウルしてしまいました。

カレンダーガールに始まり、いったい何曲続くの!?と、メンバーの体力が心配になるくらい全力のスタートダッシュで6曲を畳み掛けてきました。
パフォーマンスに荒削りなところはあるし、立ち位置とか曲間振り向くタイミングとかでばらける瞬間はあったけれども、そういうところも含めて今のらぶどるちゃん。勢いがあって、全身で渋谷公会堂ワンマンを楽しんでいる姿に、何度も何度も感極まりました。
自己紹介をはさんで、初めの勢い同様曲が進みます。恋のマジックでハルナのどっぱんどどぱんがいつもどおりで謎の安心感です。

次のブロックはバラード。階段にりおなとありえるが座った形で、タイムカプセルを歌います。

夢を追いかけて 全力で走って
息も出来なくて 「もう駄目かも」って
諦めかけた僕が 今は懐かしくて

この部分が今の彼女たちに重なり、歌声にも感情がのって伝わってきます。特にみーたん、ゆりりん、ハルナは、メンバーの半数が脱退した昨年度、駄目かもって思ったときも何度もあっただろうなと思うと、今の彼女達の輝きが際立って見えます。曲の最後の、みーたんの「だから、ここまで、これた」の言葉の重みを感じます。

さらにその後の、りおなソロとみーたんソロ。
りおなは旅立ちを一人で見事に歌い上げました。ラスサビの「また来年もこの場所で会おう」の部分で気持ちが高まり、観客の胸に歌詞が響きました。りおなの声は、音程こそたまに気持ちの高ぶりや緊張からかブレるものの、そこも含めてとても情感溢れていて、それでいて芯があって、もっと成長していったらアイドルのそれではない力量を身につけそうです。
https://twitter.com/Riopyon1231/status/643059466733137920
そしてそのあとのみーたんソロ、歌声をこの声をです。さすがの安定感。ぼくは歌うよ、のところで、観客から目を逸らさずに真っ直ぐにこちらを見ながら歌う姿勢が、さすがみーたんだなと、とても心打たれました。

ソロ後は新衣装で新曲!メンバーカラーの星がちりばめられた黒ベースの衣装は新鮮で、メンバーの良さを引き出すそれぞれのデザインでした。ハルナとありえるの、ショーパンにフリルのついた形が個人的には可愛かったです。
https://twitter.com/aisakomiyu/status/643060729021468672
新曲、Heat Up Dreamerは、コールを入れる箇所が多くダンサブルな曲で、ハルナの体の動きが生き生きとして見えました。12月新曲発売が決定したとMCでいっていたのはこの曲のことでしょうか。

そのあとは怒濤の新体制後初披露曲。まずエアプレーン。ゆきりん脱退後、みーたんの相方が不在であたためられていた曲ですが、ゆきりんとりおなで披露。この2人で新しいエアプレーンを作ってくれていました。やっぱりこの曲は名曲…、ゆきりんが脱退した今も、らぶどるが新しい形でこの曲を歌い続けてくれて良かった。ずっと押し入れにしまい込まれちゃったら悲しいなと思っていたので。

そこから、バーゲンガール、KKBB、セツナツ、ビタバレと、新体制になってしばらく聴けていなかった曲がやっと聴けた喜びと、それらの完璧な出来映えに、会場の盛り上がりも最高潮に向かっていきます。
そこで遂に、「蒼い空を望むなら」。わたしはこの曲を生で初めてで、ずーーーーーっと聴きたいと思っていました。激しいイントロに昇天しそうになりながら必死に舞台を見ます。サイリウムを振るのを忘れて舞台に釘付けになっていました。
難しいBメロを、みーたんとりおなを中心に上手に歌い上げ、キレキレのサビ。アップテンポの新体勢初曲が続き、必死のメンバーたちの極限の表情、そして、可愛すぎるハルナのセリフ。色々な要素があいまって、らぶどると会場が一体となっていきます。

最後の二曲は、キセキとHigh Jump!!。どちらの曲も、これからも上を目指すから一緒に来てね、というメッセージの曲で、メンバーのやりきった感のある表情と、ファンへの感謝の気持ちがひしひしと伝わってきて、感動のラストを迎えました。

そのあとはアンコール。ワンマンTでメンバーが現れました。
ワチャゴナで楽しく客席から登場したあと、LOVE BEAMで会場全体に幸せを振りまいてくれます。通路側の席だったで、みーたんとハイタッチできました!幸せ…。
さらにダブルアンコール。MCで、「私たちは武道館を目指して頑張り続けます!」というトークの後に、デビュー曲のGO!!MY WISH!!で締めくくり。
宣言とこちらの歌詞が胸に響きます。

向こうみずな未来を描いて わたしたちは進んでいく
MY WISH! 譲れない夢を抱きしめて
だから出会えたことは奇跡みたいに 大切だよと言えるから
Let’s go! 手をつないで遥か遠くまで

ここの部分だけでなく、サビのフレーズは全て今のメンバーに重なって聞こえて、感動が会場を渦巻いていました。ライブ後のハイタッチのときのメンバーの表情がもう、安堵とか満足感とか感謝とかいろんな思いが溢れていて、最後まで感動に溢れたとても良いライブでした。
メンバーの半分が入れ替わり、新メンバーは初めてのワンマン。歌割りやダンスも0から作り直し、きっと生半可でない努力で今日を迎えたメンバーたちなら、これからも上を目指して進んでいけるはずです。

https://twitter.com/haruna6haruna/status/643051261386854400
https://twitter.com/aisakomiyu/status/643047024665870336
https://twitter.com/sanoyuriko/status/643051033736777729
https://twitter.com/Riopyon1231/status/643050892573343744


https://twitter.com/yoshihashipanda/status/643053733396353024
https://twitter.com/nakagawarira/status/643051988238798848

——————————————————
愛乙女★DOLL 6thワンマンライブ in 渋谷公会堂
〜君と見る七色の流れ星☆願いを込めて歌う歌!聴かなきゃ”こうかい”しちゃうぞ!
日付:9月13日(日)
時間:Open16:00/Start17:00
場所:渋谷公会堂
公式HP:愛乙女★DOLL https://lovelydoll.jp/

The following two tabs change content below.
さりー@こないだの現場。管理人
平日キラキラOL週末ドルオタ。可愛い女の子と魔女っ子アニメと進撃の巨人が好き。 主現場という概念を失いました。 週一で羊が食べたいです@ 'ェ' @