はるばる松戸へ行ってきました。
去年から行われている JAPAN POP CULTURE CARNIVAL、去年は1日だけの開催でしたが、今年はなんと2days。
メンツはアイドル、アニソン歌手、声優、V系と多岐にわたり、とても豪華です!

では、1日目のレポートをお送りします。
まず、場所が遠い……。
IMG_5585
松戸まで(最寄りは八柱という新京成の駅)が都心からかなり遠いのに、さらにそこからバスで3駅ほど。
どんなにアーティストが豪華でも、この立地はかなり集客に不利かと思います。
IMG_5590
↓こっちも見てみたいですね。

着いたのは16時ごろ。丁度物販がはじまりました。
IMG_5591
IMG_5589
IMG_5588
サクサク買える様子。
特にお目当てのグッズはなかったので巡回していたところ、おもむろにらぶどるちゃんたちが現れました!
CD予約でチェキやサインの特典会が始まって、初めてらぶどるちゃんを間近で見ることができました!かわいい…。


つい、チェキ撮っちゃいました。笑
横ではポッシとアプガの握手会もやってました。普段見ないアイドルの特典会を間近で見れるのも面白いですね。

そして開場。
影ナレはアンカフェ、ポッシボー、すみれさん。
やっぱりすみれさんすごく上手。さすが本職の方です。

開演したらまずMCのP)櫻井孝昌さんと吉川友ちゃんが登場しました。
吉川友ちゃんはシルバーのギラッギラの衣装を着ていて、「テーマは狩りです」。
お客さんを狩りに来ているとのこと。ライトですごく光っていて、遠くからでも存在感ばっちりでした。

以下、グループごと出演順にレポートしていきます。

●アンティック -珈琲店-
1:覚醒ヒロイズム
2:モウソウモモウソロソロ
3:?(わかる方いらしたら教えて下さい)

一番手は唯一のV系バンドアンカフェ。実はアンカフェ、中学の頃(はや9年前くらい…)に聞いていたんですが、その頃と違って演奏がキレキレですごく格好良くなっている印象でした。
生演奏の音もホールで拡散しすぎず、ベードラの低音やみくとゆうきのとても迫力がありました。
最前あたりはドルオタばかりだったようですが、アンカフェのコールにも答え、カフェっ仔の皆さんと一緒に大盛り上がりでした。
ジャンルを超えてファンが一体になって盛り上がれるところも、こういうフェスの良いところですよね。わたしも久しぶりにアンカフェを聞くことができて、あの頃の気持ちを思い出しました。(笑)

●アップアップ-珈琲店-(仮)
1:全力!Pump Up!!生バンドver.


みくとゆうきがアプガ研修生として参加。ゆうきは衣装そのままですが、みくはなぜかルーズソックスの女子高生衣装で登場。ルーズソックスを引きずりまくり、スカートの前をめくってパンツを見せまくる謎のパフォーマンス。すっごく笑いました。
生バンドでアプガの声が負けちゃわないか心配でしたが、ベードラの低音がアプガの元気いっぱいの歌声を押し上げて、相乗効果でかなり盛り上がりました。

●bamboo (milktub)
1:有頂天人生

曲の良さもさることながら、客席まで下りてきてのパフォーマンス、明らかにドルオタの多いアウェーの会場にもかかわらずぐっと観客との距離を縮めていました。
フェスにぴったりのハレの曲、アイドル好きのオタたちにもしっかり響いていました。

●ななのん
1:ななななのんのん

8/12にデビュー曲をリリースしたばかりだという2人組。本当に双子みたいに顔や体系、動きもそっくりでした。オールド感のある楽曲で、現代版Winkを彷彿とさせます。
パフォーマンスはまだまだかもしれませんでしたが、アイドルとしての舞台慣れをしていけば他グループにないシンクロ感でファンを掴むのではないでしょうか。

●AKIRA
1:蒼き月満ちて

格好よすぎました。その一言に尽きます。
AKIRAさんの格好よさはやのあんなちゃんのこのTwitter写真がとっても良く表していると思います。


舞台にピンで立っていてもとても存在感があって、ぐっと引き込まれました。
このあたりから気づいたんですが、オタさんみんな色の変わるキンブレをちゃんと出演者に合わせていて、AKIRAさんのときは青い海になっていました。アーティストさんからしても、客席がイメージカラーに染まるのはきっと嬉しいですよね。

●やのあんな
1:shape my story


前日にこんなことをつぶやいていたやのあんなちゃん。
でもそんなことは感じさせず、のびやかな声でとても楽しそうに歌う姿が印象的でした。
特徴的な声がすごく可愛い!フェスにぴったりの疾走感ある曲でした。


そして、時系列前後してしまいますが、JPCC全体のラストではHappyBirthdayが!
まだ23だったんですね…そこに驚きです。

●Yun*chi
1:Your song*
2:ワンダフルワンダーワールド

ログ・ホライズンのエンディングテーマ2曲。
若干高音がつらそうな印象もあったんですが、パフォーマンスでカバーされてました。
ワンダフルワールド前のMCでは「てててて…」のところとや「らんらんらん…」のところの振り付けを教えてくれて、オタみんなでフリコピをして楽しみました。
とっても可愛い曲で、「てててて…」は耳に残ります。

●上坂すみれ
1:予感02
2:パララックス・ビュー
3:閻魔大王に訊いてごらん
4:七つの海よりキミの海

遂にすみれちゃんの出番です。会場が真っ赤になりました。
パララックス・ビューの口上のようなところ、よく揃って言えるな〜とオタに関心してしまいました。七つの海も非常にクセになる曲で、コール楽しかったです。
MCもかなりヤバくて、中毒性のある言葉遣いをされていました。
声優さんのライブを生で見るのははじめてだったんですが、オタがちゃんとすみぺの方を向いて盛り上げているところに非常に好感が持てました。アイドルの場合、騒ぎたいだけで本人を見ていないオタも多いので…。
全体的にいっぱいいっぱい感があって息があがってしまっている印象でしたが、それをサポートするオタの口上に非常に一体感を感じました。

●Yun*chi×上坂すみれ
1:げんし、女子は、たいようだった。

Yun*chiちゃんが熱烈なラブコールをした上で実現したコラボだということで、すみぺのことが大好きだというYun*chiちゃん。舞台の上でもただのファンになって、MCで高まっていたのが可愛かったです。


正直な感想としてはこの方と同じくで、Yun*chiちゃんの歌声が際立って聞こえてしまいました。
すみぺの世界観はとっても素敵なので、歌唱力がそれに追いつくことがとても楽しみです。

●愛乙女★DOLL×PUTOMAYO
1:蒼い空を望むなら (ウォーキング)
2:Bargain girl
3:High Jump

ゴシックファッションブランドPUTOMAYOとのコラボということで、蒼い空〜をBGMに1人ずつ舞台中央をウォーキングで登場。


それぞれ似合う衣装を選んでもらえていて、DOLLという名前に負けず全員着こなしていました。うさ耳が可愛い。
ハルナちゃだけパニエ無しのカボチャパンツみたいなキュロットで、それが似合っていました(推し目線)。
新曲のBargain girlは激しく切ないダンスナンバーで、ゴスロリ衣装でキレキレに踊る姿がとても格好良かったです。パニエ仕込んで激しく踊るのは大変そう。
蒼い空を〜やバーゲンガールの用に切ない系にぴったりの声なのかなと思いきや、HighJumpのような元気いっぱい系も歌いこなしていて、パフォーマンスの幅を感じました。
キレキレかつ丁寧さのあるダンスと力強い歌声にハマってしまう気しかしません。帰宅してすぐYouTube漁ってしまいました。アキバカルチャー劇場行きます!笑

●吉川友
1:URAHARAテンプテーション
2:あまいメロディー

ここからハロ系列の一番手、他のアイドルを一線を画すセクシーさがありました。
URAHARAテンプテーションでは音響効果も相俟ってドキドキ。
両方ともダンスミュージックでホール映えしており、ソロなのにステージをいっぱいにつかっていて広さを味方にしており、まるで最初からソロコンだったかのような盛り上がりでした。

●THE ポッシボー
1:乙女!Be Ambitious!
2:さぁ来い!ハピネス!
3:全力バンザーイ!My Glory!

11/16の中野サンプラザを控えるポッシボー。その直前ということで気迫を観客にぶつけてきました。
セトリも対バン向けで、バンザーイを会場全体でやることでブチ上がりました。
「全員が万歳しないと始まらないシステムなんです〜」ってすごく面白かったし、客を強制的にポッシのステージに引きずり込むのが上手でした。

●チーム・負けん気
1:無限、Fly High!


ここまでのくだり、まるで負けん気のツアーかのようでした。
広いステージが手狭に感じる人数とパフォーマンスで最高にステージを盛り上げて、トリのアプガに繋ぎました。

●アップアップガールズ(仮)
1:Beautiful Dreamer
2:全力!Pump Up!!
3:アッパーカット

「フェスのトリをやってみたい!」という気持ちにP)櫻井さんが答えた今回の出演順。
さすがに気合い十分で、新曲からBeautiful Dreamerを披露。曲はミドルテンポでしたがキレのあるダンスで会場をわかせました。
ラストがアッパーカットだったのも感動的でした。ファンもメンバーも一体になってフェスのエンディングを迎えました。

●エンディング
1:残酷な天使のテーゼ

出演者全員登壇しての挨拶。そして残テ。選曲いいですね!!!
この手のフェスのラストってグダることが多いですが、選曲のおかげで盛り上がって終わる事ができました。


こんなシーンもあったんですね。見逃しました…。

イベントのレポは以上です。
全体を通してダレることなく、あっという間の3時間でした。
個人的なベストアクトはらぶどるちゃんとやのちゃん。やのちゃんの歌とってもよかったです!らぶどるちゃんは体をいっぱい使ったパフォーマンス、かつ、丁寧さもあり、後続ハロ系列グループと違った印象を残しました。
会場の盛り上がり的にはすみれちゃん、ハロ三組もかなり一体感がありました。

二日目も楽しみです。
個人的には、アナサー男子3人衆という謎のグループがなにをするのかかなり期待しています。

二日目のレポを更新しました!こちらです。

————————————————————
JAPAN POP CULTURE CARNIVAL 2014 in MATSUDO
開催日時:
2014年11月2日(日)17:00OPEN/18:00START
2014年11月3日(月)16:00OPEN/17:00START
会場:森のホール21 大ホール
価格:前売り ¥6,000、当日¥6,500、2日通し ¥10,800
公式HP:http://jpcc2014.jpn.org/
————————————————————

The following two tabs change content below.
さりー@こないだの現場。管理人
平日キラキラOL週末ドルオタ。可愛い女の子と魔女っ子アニメと進撃の巨人が好き。 主現場という概念を失いました。 週一で羊が食べたいです@ 'ェ' @